読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後の展望

電子工作 Z80

先週は忙しいのもあって工作にあまり手をつけられませんでした…。「Z80コンピュータを作ろう」企画の現状は、CPU・ROM・RAM・PIOという最小構成でシステムを動かせたところ。しかし本格的にゲーム機なりのシステムを作ろうと思ったら勉強すべきことが山積みです。例えばまだ試してないCTC・DMA・SIOというZ80ファミリの周辺LSIがあり、割り込みがあり、ユーザ入力や映像出力の課題があり…(サウンド関係もか?)。

それで、次の目標は「現状ブレッドボードで組んでいるシステムを基板に固定化する」に決めました。まず、上に挙げた諸々について学習するには、Z80で動かすプログラムをサクサクとトライ&エラーできる環境が必要です(ROM抜き差し開発では辛い…)。そこでArduinoを使って外部からブートロードをかける仕組みを考えているのですが、システムがブレッドボード上にあるままではバスへの接続ができません。穴が足りないし、一旦まっさらなボードを中継させようとすると今度はジャンパ線が足りなくなります。ジャンパ線を大量に追加するか、回路をブレッドボードからユニバーサル基板上に移植するか…ならば、はんだ付けのある後者だ!というわけです。

そして、ここで工作初心者の悲しい現実「部品ストックが足りないせいで製作が止まる」にぶち当たっています。今回はArduinoと拡張回路を接続するために全てのバスを外に出してやる必要がありますが、そのためのケーブルとコネクタがありません。今週末にまた仕事で東京行く予定があるので、それまで設計を練りつつ必要部品を念入りにリストアップしていくとしましょう。ブログ的にはまだしばらく動きなしです。


f:id:marlesan:20161114001236j:plain:w400
これはZ80と関係あるようなないような、MSXで使えるように改造したSFCコントローラです。なぜか今、手元にMSXがあるんですよね。

f:id:marlesan:20161114002818j:plain:w400
あっ、黒の線が左キーの接点に干渉してる…

f:id:marlesan:20161114002519j:plain:w400
カラフルなワイヤが基板下から折り返してるところ、コントローラ裏蓋の突起で潰されてる可能性あり…

SFCコンは制御(本体)側からクロックを入れてやるとキー入力状態をシリアルに取り出せるつくりのようでした。MSXゲームパッドはパラレル接続なので、シリアル化に使っているIC(たぶんシフトレジスタ)を引っぺがして必要なボタンのランドにケーブルの線を接続しておしまい。

完全に素人仕事ですが、こんなでもちゃんと動いたので「ジャンクを組み合わせて欲しい道具を作る」という電子工作を覚えてやりたかった事リストの1項目を潰せた満足感はありますね。